クリスマス時期から年末年始の注意喚起

2020/12/14

●例年当地では,クリスマス時期から年末年始にかけて,空き巣や強盗,ひったくりが多発する傾向にあります。
●また,飲酒の機会が増え,休暇特有の開放感からの無謀運転による交通事故が増加する他,地方へ帰省する長距離バスの整備不良や積載超過等による交通事故も増加する傾向にあります。

 同時期に,一時帰国等でご自宅を長期間不在にされる方や,地方へ移動される機会も多いと思います。皆様におかれましては,以下についてご留意いただき,防犯対策等に努めてください。

1.一般犯罪対策
(1)ひったくり被害の多くは,被害者が徒歩で移動している時に後方からバイクや車両で接近して犯行に及ぶケースが時間帯,場所を問わず発生しています。徒歩移動をする場合には,所持品は最小限に留め,車両側に所持品を持たず,背後や周囲に気を配るなど,十分にご注意ください。また,夜間の徒歩移動は極力避けてください。
(2)空き巣や強盗の対策として,自宅ドアは頑丈なものであるかを確認ください(シリンダー式のドア錠が望ましい。また,閂などの補助錠を設置した場合,侵入に要する時間が2倍以上になります。泥棒は侵入に時間を要する家を嫌う傾向にあります)。
(3)外出時の戸締まりはしっかりと行ってください(玄関ドアだけではなく,窓の施錠も忘れずに行ってください)。
(4)在宅時にも戸締まりはしっかり行ってください(昼食準備中や就寝時に侵入したケースがあります。暑いため窓を常時開けっ放しにするのは危険です)。
(5)貴重品は分散して保管することをお勧めします(一個所に貴重品を保管している場合,被害に遭った際の損害が大きくなります。比較的狙われにくい部屋として,子供部屋やキッチン等が挙げられます。寝室やサロンは優先的に物色されるので寝室に貴重品を保管するのは危険です)。
(6)自宅付近に不審者は来ていないか(犯人は狙いを定めた家の住人の行動パターンを確認している場合が多いです。不在にしている時間帯や,家長が不在となる時間帯を見定める他,チャイムを鳴らしたり,間違い電話を装って在宅を確認しているケースもあります)。
(7)自身の日程をむやみに口外しない(残念ながら,使用人が手引きをしているケースもあります。行動予定の管理については慎重に行ってください)。
(8)行動を予知されにくい生活を心掛ける(出勤時間や帰宅時間が決まっている,週末の余暇の過ごし方が決まっている等の規則正しい生活スタイルの方が狙われやすいと言われています。出勤や帰宅時間を変える等,行動を予知されにくい生活スタイルを心掛けてください)。
(9)この他,外出時にテレビやラジオを付けておき在宅と思わせる方法,いざ侵入された際に貴重品が見つからないことにより無闇に部屋を荒らされるのを防ぐため,比較的分かりやすいところに予め少々の現金を置いておき,ある程度満足して帰ってもらう等の方法もあります。また,日本では防犯ブザー等の防犯用品が比較的安価で購入できますので,帰国時に購入して取り付けることも一案です。
(10)仮に,空き巣等の被害に遭われた際には,直ぐに警備員や管理人に一報し,警察に連絡をしてください。また,帰宅した際にドアが壊れている等,侵入された形跡がある場合,まだ室内に犯人がいることも想定されますので,警備員や管理人に来てもらい,数人で室内を確認するようにしてください。

2.交通事故対策
(1)乗車時には全員が必ずシートベルトを着用し,無理な追い越しやスピードの出し過ぎに注意し,安全運転に努めてください。
(2)自らが加害者とならないよう,飲酒運転は絶対にしないでください。
(3)当地の交通マナーは劣悪であり,運転未熟者が多く,前後左右を確認せずに車線変更や追い越しをする無謀運転も多い他,ブレーキランプやヘッドライトが点灯しない車両も多く見られるので,十分に注意をしてください。また,もらい事故を防ぐため,車間距離を取る等の予防運転に努めてください。
(4)長距離バスは地方都市間一本道を猛スピードで走行することもあり,大規模な事故が後を絶ちません。また,整備不良に伴う故障等により車両泊となることも少なくありません。また,積載超過による転倒事故も発生しているため,乗車する際には十分に注意をお願いします。

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/detete

(問い合わせ先)
在タンザニア日本国大使館
EMBASSY of JAPAN in TANZANIA
住所:Plot No. 1018, Ali Hassan Mwinyi Road, P.O. Box 2577, Dar es Salaam, United Republic of TANZANIA
電話:+255-22-2115827/9
FAX:+255-22-2115830
領事窓口時間:07:30 - 12:30 / 13:30 - 16:30
査証窓口時間:08:30 - 12:30
ホームページ: http://www.tz.emb-japan.go.jp/index_j.htm