安全・医療情報

  • タンザニアに滞在される方へ
  • 安全状況と対応の仕方
  • 衛生医療事情
    1. かかりやすい病気・怪我
    2. 健康上心がけること
    3. 予防接種
    4. 現地医療機関

    タンザニアに滞在される方へ

    タンザニアは政情が安定しており、タンザニアの人たちは見ず知らずの外国の人たちにも笑顔で接してくれる優しい人たちです。しかし、泥棒やひったくりという身近で起こるトラブルは日常茶飯事です。世界で一番と言って良いほど安全な日本に慣れてしまっている日本人としては、やはりそれなりに身の回りに気を配ることが必要です。また、タンザニアの国土は赤道直下の南緯1度から12度という熱帯にあり、マラリアを始めとした各種の感染症に気をつけなければなりません。医療施設も十分でないため、病気や怪我などをした場合に先進地域に移送され治療を受けなければならないことも、しばしばあります。

    安全と病気に対する気配りが、タンザニアでの滞在を楽しく実りあるものにするためには不可欠と言えます。

    タンザニアの現在の治安や感染症など安全に係ることがらの全体像を知りたい方は、ぜひ右リンクの外務省のウェッブサイトの「タンザニアの感染・スポット・危険情報」にアクセスしてください。そちらには、当館からの情報をもとにした情報が掲載されています。当館のウェブサイトでは、安全と医療の問題についての基礎的かつ実際的な情報を掲載するとともに、問題が出てきた時に即座に「大使館情報配信サービス」を通じてメールでお届けしている情報を、Facebookに掲載しています。

    「大使館情報配信サービス」は、日々の事件や安全情報を、大使館に在留届を出された際にメルアドを記入いただいた方にお届けするシステムです。タンザニアに長期に滞在される方以外の方でも日々の情報をメールで入手したい場合には、たびレジをご利用ください。

    ● タンザニアにおける安全の手引き(PDF)(※別ウィンドウで開きます)

    【重要】
    タンザニアの感染・スポット・危険情報
    samplephoto
    マコンデ族の踊り